結婚相談サービスの歴史

2008年に火が付いた婚活ブームで脚光を浴びた結婚情報サービス。
実は、ブームが来たからできたものではなく、
それよりもずっと前からサービスを提供していたんですよ。

それでは、結婚相手紹介サービス(結婚相談所・結婚情報サービス)の歴史を見てみましょう。

結婚相談所の起源と歴史

日本には、伝統として結婚を媒酌する「仲人」がいます。
古来の日本は、仲人を立てることで結婚を認められ、
職業として仲人が生まれたのは、鎌倉初期時代とされています。

当時は、戦争で夫を失った女性にお相手を紹介していたようで、
これが現在の結婚情報サービスの発端ともされているようです。

お見合いの形を取るようになったのは、江戸時代の中期~後期頃。
男女それぞれの世話人が、茶屋や芝居小屋で男女のお見合いの場を
セッティングしていたとされています。

また「慶安」という人が、武士のようなインテリ階層から町人までを対象に、
雇用斡旋業と結婚媒介業を行っていました。
しかし、結婚媒介の方が儲けがあったので、次第に結婚媒介業のみにシフトしました。

江戸時代の結婚相談所は「肝煎所」と呼ばれ、町人から武士まで幅広く利用していたそうです。

本格的な結婚相談所のスタートは明治13年(1880年)の5月の大阪。
山口吉兵衛が始めたと伝えられています。
当時は、幕末の戦争で若い男性が減っていたことと、
大都市への人口流入によってニーズが拡大し、結婚相談業が登場して大繁盛したとのことです。

つまり、都市部では独身者が増え、地方では若者が減って地縁や血縁を頼りにお相手を探すことが難しくなったことが、結婚相談所が生まれた背景となっています。

時代は昭和となり、結婚相談所が多く設立されます。
1933年(昭和8年)には東京に公立の結婚相談所が開設されました。
第二次世界大戦後の昭和27年(1952年)には、
著名人が作った結婚相談所がマスコミで報道され、相談所はどんどん増え始めたのです。

結婚情報サービスの起源と歴史

昭和中期に結婚相談所が軒並み開設されましたが、
昭和40年代後半(1970年~)これとは別に新しいタイプのお相手探しサービスが始まります。
これが、結婚情報サービスの始まりです。

社会的条件や心理テストによるマッチング情報をコンピューターに登録して、
ピッタリなお相手候補を紹介する現在と同じ結婚情報サービスは、
なんと、もうすでに40年近い歴史を持っているんですよ。

このシステムを開発して日本に持ち込んだのが、
西ドイツ(当時)のアルトマンシステム社。

日本と同じく敗戦国の西ドイツは、敗戦からの立て直しによる経済成長と
ともに、離婚増と出生率の低下という社会問題が現れました。

この問題を解決するために、国主導によって開発された
アルトマンシステムが、現在の結婚情報サービスの基礎となっています。

日本に持ち込んだ理由は、ドイツ以外でも使えるシステムかどうか、
また、商業的に使えるかどうかをリサーチするためだったのだとか。

結果として、日本人に受け入れられ、2008年の婚活ブームでは
一躍クローズアップされるなど、社会的に認知されるようになり、利用者も増加。
結婚適齢期の方の約3%は、結婚情報サービスを利用しているとされています。

結婚相談所も結婚相談サービスも、生まれた理由や歴史、紹介システムは全く異なります。しかし、どちらも、目的はよりよい結婚です。

結婚相談所や結婚相談サービスを使うことはハズカシイと感じることはありません。何十年、何百年もの歴史があり、それぞれの時代で社会的に大きな役割を果たしていたことは、誇るべき点!

今では、利用者数が年々増えていっているんですから!

出逢いがないのに結婚できてる男女が利用しているものって?

Copyright 2009-2012 @結婚しあわせハッケンproject All Rights Reserved.